虫歯になりやすい方のための虫歯リスクを減らす情報サイト

体質的な原因

もう虫歯になりたくない、と思って毎日一生懸命歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。
反対に、それほど丁寧に歯磨きをしているわけでもないのにほとんど虫歯にならない方もいらっしゃいます。
このサイトでは、虫歯になりやすい方と、そうでない方の違いや適切なオーラルケアについてご紹介します。

まず、どうして虫歯になるのか、あらためて確認しておきましょう。
私たちの口のなかにはたくさんの細菌が存在しています。
ミュータンス菌などの虫歯菌が、食べ物の糖質を取り込み、プラークとなります。
プラークとは、虫歯の原因となる細菌の集合体のことです。
プラークは糖質をどんどん取り込み、やがて歯を溶かす酸を出すようになります。
この酸が歯を溶かしてしまう状態を脱灰と呼びます。
歯石が歯に多くついているという方も注意が必要です。
歯石は死んだプラークが石灰化したものです。
歯石がついているところにはプラークが溜まりやすい上に、通常の歯磨きでは歯石を取り除くことはできません。
歯医者さんに行って除去してもらいましょう。
脱灰が続くと虫歯になってしまいます。
口のなかの唾液は、虫歯菌が作り出した酸を中和して、脱灰状態になった歯を修復することができます。
この作用を再石灰化と呼びます。
虫歯ができにくい方の口のなかは、この脱灰と再石灰化がうまくバランスを取れているのです。
虫歯になりやすい方は、このバランスが崩れてしまい、脱灰の力が強く、歯がどんどん溶けて虫歯になってしまいます。

なぜ虫歯になるのか

虫歯になりやすい方のなかには、体質的になりやすいという方もいらっしゃいます。 虫歯に絶対にならない方というのはいらっしゃいません。 きちんとしたケアをしないと誰しもが虫歯になる可能性を持っています。 しかしきちんと歯磨きをして予防に努めていても虫歯になってしまう方は、体質的なことが原因かもしれません。

甘い食べ物がお好きな方

あなたが好きでよく食べているものが、もしかしたら虫歯リスクを高めている可能性があります。 どのような食べ物が虫歯になりやすくしてしまうのでしょうか。 また、普段まったく歯を磨かないという方はあまりいらっしゃらないと思いますが、毎日何気なく磨いてしまっていると、それだけでは十分ではないかもしれません。

オーラルケア用品

歯ブラシに歯磨き粉をつけて磨く、というのが一般的な歯のお手入れだと思います。 しかしそれだけでは、隙間に入ってしまった歯垢を取り除くことが難しい場合もあります。 そこで、このページでは、オーラルケアのグッズをいくつかご紹介します。 いつもの歯磨きにプラスすることで、さらに効果を高めることができます。

≫ TOPへもどる